読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOD_SPEED_YOU

ゲームの感想など

マリオメーカー騒動について

時事

ニコニコ動画の動画ランキングを

マリオメーカー実況動画が独占している(していた)問題

 

1周も2周も遅れていますが…私の考え

 

何が起きてたの?

 

 経緯

  1. 人気実況者がランキングを独占するようになる
  2. 任天堂がクリエイター奨励プログラムを許可する
  3. 人気実況者がみんな任天堂の新作ゲームを実況する
  4. ランキング独占状態に異を唱える動画が投稿され話題に
  5. 異を唱える動画が量産

 

 

1,人気実況者がランキングを独占するようになる。

「独占するにしても露骨すぎた」ということにつきる。

ランキングのサムネイルが全部マリオになったからね。

 

もともと独占はあったのだ。

 

ニコニコランキングは多様性があり、流行りを反映している

などと言われるが

本質はただの数字の積み重ねでしかない。

 

今回の騒動で明らかになったのは

ランキングを動画探しの場として使っている人が

そこそこいたことだ

そのような人にとってランキングはただの統計ではない。

 

「ランキングが機能していない」というフレーズは

統計としてなのか動画探しの場としてなのか

ハッキリさせなければ話が噛み合わない。

 

2,任天堂がクリエイター奨励プログラムを許可する

クリエイター奨励プログラムとは、ニコニコのサービスの1つでこれに登録してポイントを貯めると現金と交換できる

ニコニコ版アフィリエイトのようなもの。

 

ゲーム実況はもともとグレー。

本を一緒に読むようなものだ。

ニコニコ内では

「新作は自重」「フリーゲームは製作者に確認をとる」

といった不文律があったとかなかったとか。

 

今回の火種となった任天堂

グレーだったゲーム実況を「任天堂の一部のタイトルで金稼ぎはシロ」と公式宣言しただけだ。

※一部のタイトル:Nintendo Creators Program

ただでさえグレーなゲーム実況での金稼ぎの印象は悪かったが

任天堂の宣言によって許される行為になった。

 

任天堂は「実況者さんお願いします」とは言っていない。

「やるなら勝手にどうぞ」のスタンス。

裏で金の動きかあったかどうかは陰謀論の域。

 

 

ランキングの仕組み

真の問題は多様性が消えるようなランキングの仕組みにある。

ランキングの算出方法は公式には発表されていないが

再生数、コメント数、マイリスト数、広告などから求められる。

その中でもマイリスト(Youtubeでいうお気に入り)数が最も大きく作用すると言われている。

 

 

お気に入りユーザー

一度人気がでた投稿者の前には赤いカーペットがしかれる。 

「お気に入りユーザー」機能を知っているか?

お気に入りユーザーに登録すると、

動画を投稿しました」とか「生放送を開始しました

といった感じでそのユーザーの行動が逐一報告される。

 

このお気に入りユーザーに登録している人が10万人いれば

10万人が動画や生放送に目を通してくれる可能性が高い。

 

「お気に入りユーザー登録数」は各ユーザーページで公開されている。

マリオメーカーでランキング上位に入っていた投稿者の場合は40万前後だ。

 

40万人全員がアクティブユーザーではないにしても、

それに近いだけの再生数を

即時に

動画の面白さに関係なく獲得できる。

 

お気に入りユーザーに登録するくらいなのだから、好意的にみている視聴者が多いだろう。

コメント数やマイリスト数も期待できる。

マイリストが伸びることでランキングにのる。

ランキングにのることでランキングを動画探しに使っている層にもみてもらえる。

動画が伸び、コメントが増えたことでもう一度見てみようかなと思うファンもいるかもしれない。

 

 

人気動画の中でもゲーム実況は

・何十パートと続いていることが多いうえに、

・制作(収録)間隔も短いので

ランキング独占の時期が長くなりやすい。

 

 

ではなぜ内容が伴っていないのにそれが維持されているのか

これは推測だが

お気に入りユーザー登録数やコメントの反応やオフ会イベントなどの様子をみるかぎり

 

男性実況者をアイドルのような目でみている視聴者が多いんだと思う

そして 今の人気実況者たちを支持する層は被っている。

 

SMAP好きな人が嵐も好きなように

根本的に趣向が似ているのだと思う。

※推測です!

 

アニメをみるのはオタクばかりと言われてきたアニメ業界に

今1番お金を落としているのは女性だといわれている。

女性の台頭、それも今までアングラだったものへの

この市場の変化がニコニコでも起きているのでは?

 

対処

・動画を探したい層にマッチする新たな仕組みが必要

・既存のランキングにフィルタをかけられるようにする

→これは今でもできる

・完全住み分けでもいい

・ゲーム実況はPart1のみで後はランキングから排除されるとか

・お気に入りユーザー数の分だけ補正がかかるとか

 

ニコニコ運営はランキングをなんだと思っているんだろう。

アップルのアプリランキングはそれ自体にのることが最も大きな広告とされている。

報酬をあげるからアプリをダウンロードしてくれっていうのが昨今堂々と行われている。

それだけランキングの広告力はすごい。

ニコニコ運営もそういうのを狙っているのでは。

プラットフォームビジネスが流行りだし。

任天堂もここまで騒ぎが大きくなるとは思わなかっただろうが

ランキングにのるであろうことは予測できたはずだ。

 

個人の意見を言わせてもらうと、

従来のランキングシステムはあったほうがいい。

それにプラスしてフィルタ機能や住み分けができればいい。

人気投稿者が有利になるのは仕方ないことだと思う。

問題は新規が入りにくいことだ。

人気投稿者は人気投稿者で数字を残しつつも

伸びている新参投稿者をピックアップできるようなアルゴリズムがあればいい。

 

 

 

 

この騒動はいつ終わるのだろう

マリオメーカーブームは去ったが

 問題提起動画ブームがきた。

まーみてないけど。

 

時間はたったが熱は冷めてない。

たとえば今

「釣り天使」の動画がランキング1位になっている。

【実況】いかにもサービスが終了しそうなオンラインゲームをプレイする ‐ ニコニコ動画:GINZA

本当に面白い動画でオススメだけど数字は工作くさい。

この動画をランキング上位にあげたい人がいたのだろう。

私も動画をみて応援したくなった。

 

今はこの動画の便乗動画がめちゃくちゃ叩かれている。

面白ければいいじゃんって思うけどね

まあつまらなかったけど…

そんな叩かんでも…