GOD_SPEED_YOU

ゲームの感想など

ブラッドについて

 

クロスブラッド記事一覧

 

 

ブラッドコードとは、他のゲームでいう職業のこと。

2つまで選ぶことができ、そうした場合クロスブラッドと呼ばれる。

最初に選んだブラッドをメイン、2番目に選んだブラッドをサブという。

 

メインブラッドのレベルがそのキャラクターのレベルとされる。

装備の制限はメインに依存する

 

ブラッドコードはレベルアップ制になっていて、

敵を倒した時の経験値は2/3がメインに、1/3がサブに送られる。

f:id:god_speed_you:20151112043145j:plain

敵を倒す

パーティで山分け

メインとサブで山分け

 

サブに入ってくる経験値は微々たるものである。

そのためサブはメインより育つのが遅い。

レベルキャップをあえて解放しないでレベル上げをするとか、

そもそも早く育って欲しいのはメインにするとかの工夫が必要。

 

このせいでクロスブラッドは育成が大変。だがそれに見合った効果がある。

 

 

 

ブラッド評価

大前提として、ブラッドは拠点で自由に変更できる。

司令部→隊員申請→ブラッド変更

失敗したーと思ってもすぐに変えられるので悲観しなくていい。

 

壁役。スキル「イージス」は味方をかばってくれるというもの。

レベルフリーを使って装備をガチガチに固めればまず死なない。

イージスを覚えてからは最終盤までそればかり。

パーティの安定感がぐっと増す。王が倒れると一気にパーティは崩壊する。

2周したけど王なしでプレイしたことがない。

 

主力になる攻撃役。レベル7で範囲攻撃「切り込み」を覚え、雑魚戦が楽になる。

ユニオンゲージがたまるうえに、攻撃には属性や状態異常がのるので

敵を一斉に気絶されたり、即死させたりできる。

単体最強スキル「修羅」も覚える。

修羅は敵に「当たるまで」or「どちらが倒れるまで」敵と攻撃を繰り返すというもので、

装備やバフなどでAC(回避)を向上させて修羅をすると、一方的にこちらの攻撃を叩き込める。

回復力が高いボス戦や、効率重視のトレハンなどで重宝する。

最初から最後まで大活躍。

 

最大の強みは1ターン集中してからのジェノサイド(7回攻撃)。

高攻撃力武器、高耐久力防具。まさに重戦士って感じ。

サブでちょろっと使っただけで印象あまりない。

 

レベルアップごとにAC(回避)が低下(向上)していく。

最後には装備品もあいまって、バフなしでも敵の攻撃をほぼ全回避する。

そのため、修羅を使える武との相性が抜群。

武でなくても、攻撃スキルに欠けるので、組み合わせるなら攻撃系スキルをもったのと組み合わせたい。

 

サブで王につけてた記憶がある。

レベルがあがるごとに耐久アップ。

火力としては使っていなかったのでなんとも言えない。

 

弓使い。弓の攻撃力が低く、他の攻撃職と比べると一歩及ぼない感じ。

エイミング(任意の敵を攻撃)、ピアース(敵貫通)、超集中(被弾するまで集中が途切れない)など優秀なスキルをもつ。

トリッキーさを活かすか、攻撃を伸ばすかはプレイヤー次第。

私は召をつけたり戦をつけたりしていた。

 

スペル(魔法)使い。

ストーリークリアまではパッとしない。

攻撃スペルの威力は物理攻撃職と比べてイマイチなうえに回数が限られている。

また、スペルを使えないエリアも多い。

(スペルが使えるエリアの)ボス戦で補助してくれる人って印象。

 

クリア前後あたりから まともなスキル、スペルを覚え、存在感が高まる。

最終スペル、オープンパンドラは完全回復、マナ回復、スペル無効など超強力。ただし使うとMPが全消費されるので1回きりの大技。

 

回復役。

回復スペルを多く覚え、補助もかかせないものが多い。

ボス戦では補助に回復に大忙し。

2人いてもいいかもしれない。

1番の注目は回復でも補助でもなく、スキル「マナリアライズ」だろう。

戦闘中に一定 ターンでマナが回復するというもので、

ステータス「神秘性」の影響を受ける。

神41でその間隔が1ターンになる。つまり、毎ターン回復する。

たとえ ば魔と組み合わせれば、毎ターンオープンパンドラが打てる。

 

トラップ解除、アイテム識別、ダンジョン探索と多岐にわたって必須の職。

トラップ解除やアイテム識別はステータス「知性」の影響を受けるが、それと同等に、 「学+」というオプションがついた装備品の影響も大きい。

「学+」装備は学装備につくことが多い。

なので学を使うなら、サブブラッ ドではなく、メインブラッドで使うべき。

また後半は優秀な補助スペルや即死スペルを覚える。

即死スペルは効く敵には ほぼ確実に成功する。

あるかないかで後半のダンジョンの難易度がかわる。

 

テイマー、ポケモン、、、そんなイメージ。

敵モンスターのことを異形というが、それと契約し、異形兵として連れ歩くことができるスキルを覚える。

異形兵はHPが一定以下まで減る、またはダンジョンをでると自動で逃亡する。

現地調達が基本。

レベル28で覚える「召龍」で、ダンジョンをでても連れ歩けるようになる。

異形兵の特徴は高攻撃力、低耐久。これはレベルが高くなるほど顕著になる。

 

召自身もスペルを覚えるので 異形兵抜きでもそれなりに活躍する。

スペルは物理攻撃系、魔法攻撃系、回復系と独特の組み合わせになっている。

物理攻撃系スペルの存在から、物理攻撃ブラッドとの組み合わせるのもいい。

 

召が輝くのはストーリークリア直後のクエストのボスが連れている

「クローンノノ」「クローンユユ」を捕獲してからだ。

この2体は最終ダンジョンに出現する異形。

クリア直後のレベル帯では無双できる。

だんだんと「低耐久」が露わになって一騎当千は終わるけども全クリアまで優秀な火力であり続ける。

 

クリア後に解放される3つのブラッド。クリア後のお楽しみ。

 

 

 

godspeedyou.hatenablog.com

広告を非表示にする