読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOD_SPEED_YOU

ゲームの感想など

鉄血のオルフェンズ20話「相棒」の感想

とうとう20話。

アイン生きてた。

 

 

アインの今後

ビスケットの葛藤

堕ちたマカナイ

 

 

アインの今後

 ガエリオをかばって直撃を受けたアイン。一命はとりとめていたようです。しかし身体の損傷が激しく、永遠に上官の仇を討つことはできなくなってしまいました。必死に医師に訴えかけるガエリオに対して、マクギリスはサイボーグ(アラヤシキ)化しかないことを告げます。そのことにガエリオは露骨に嫌悪感を示します。以前にもアラヤシキへの生理的嫌悪感を表明していましたね。これは彼だけでなく、厄災祭の暗い歴史を象徴するものとして、多くの地球人が持っている感情です。とはいえ嫌悪感だのなんだの言ってる場合ではないです。

 さらにマクギリスはアラヤシキシステムの秘密を語ろうとするが…次回?

 

ビスケットの葛藤

 地球にたどり着いた鉄華団ですが、今いる場所は北半球のアーブラウではなく南半球のオセアニア連邦。理由はすぐに。メンバーは初めての地球よりも、任務(クーデリア護送)を達成したことに感激しています。初めての夜には、別行動していたユージンたちから連絡がきて、どうやら宇宙でも鉄華団とタービンズはオセアニア連邦の保護下にいることが知らされます。オルガが ナゼから助言をもらう裏で、ビスケットには悲しい知らせが待っていました。

 

  ドルトコロニーで働いていたビスケットの兄、サヴァラン。彼は昔の仲間を救うために武力衝突を回避する努力をしていました。結果は惨憺たるものでしたが、ビスケットと同じく仲間思いの優しい人物でした。彼はビスケットには失敗してほしくないと思い弟へのメッセージを残していました。メッセージは 「流れにのると逆らえなくなる」「ささやかな幸せがある」といった主旨でした。ビスケットの心が大きく震えたのはこれが彼の最期のメッセージだったからです。サヴァランはどうしようもない大きな流れとそれに抗えない自分の無力さを嘆き首を吊っていました。

 オルガはサヴァランが警告する流れをつくり身を任せる命知らずなタイプです。感傷的になったビスケットは火星に帰りささやかな幸せを掴む方に気持ちが傾きます。オルガがさらなる高みを目指す必要性をぶつけても説得はできません。

 そんなビスケットを救ったのは雪之丞でした。事情を知らない彼は①鉄華団は無茶ばかりではなく、②自分も怖いがうまくやってこられ、③ビスケットが必要だと語り、彼の心を引き止めることに図らずも成功しました。

 

堕ちたマカナイ

 地球に到着して一日休んだのちに、クーデリアはついにアーブラウ代表※マカナイと会談の席につくことができました。

 マカナイ・トウゴノスケは、火星クリュセ自治区を統治していた4つの地球経済圏のうちの1つアーブラウの代表でした。資源規制の解放=火星の解放を求めていたクーデリアを呼んだ元凶中の元凶で、彼に会うことがすべての目的でした。でした。でした…。

 が!前々回、彼は代表の座を引き、別の経済圏であるオセアニア連邦に亡命していることが明らかになりました。贈収賄事件(おそらくでっち上げ)をかけられたからです。つまり今の彼は代表なんかではないただの老人なのです。

 今アーブラウでは、ギャラルホルンが支援するアンリ・フリュウ議員が代表の座に近いと言われています。それについてマカナイはアーブラウ議会に連れて行ってもらえればなんとかできると考えています。おそらく彼なりの策略があるのでしょう

 とはいっても、アーブラウに追い出された人間が歓迎されるわけがない。ただでさえ親ギャラルホルン派が次期代表に近いというのに。オルガは即答できませんでした(が、1日持ち帰って決断)。

 

 4つの経済圏はギャラルホルンからは独立した存在で、彼らからの干渉は受けない。会談場所のオセアニア連邦もそうで、ギャラルホルンからの追撃がないのもオセアニア連邦の代表が気をまわしてくれているからです。なぜ、そこまでしてくれるかというと、反ギャラルホルンが彼らにとっても都合がいいからです。

 

 ただギャラルホルンには、彼らでも抑えきれない権力をもった人たちがいる。

 カルタ・イシューが近づいている。次回は地上戦だ!

 

 

感想

 アイン生存が嬉しいような悲しいような。行く末がみえるからね。マクギリスが言うにはアラヤシキについてまだ知られていないことがあるようです。NT系の話が出てくるのだろうか?

 

 マカナイは議会にいって何をするのか?おそらく正々堂々演説するのではないかと思います。ダカールの日のように。サヴァランは嘆き続けましたが、ドルトコロニーではクーデリアのスピーチをきっかけとした対話が始まり住民は地球人と同等の権利を勝ち取りました。世論はすでに動いている。

 

 今回特別目を引いたのは地球への無頓着ぶりとビスケットとオルガの喧嘩かなぁ。

 「魚を知らない」は大きな反応で面白かったけど、自然への反応は微弱で、特に気に入るわけでもなく淡々と観察してるのがこの作品らしいなって。

 ビスケットが喧嘩するのはこれで2回目だ。どっちもサヴァランが関わってるんだよな。1回目はサヴァラン本人と。そして今回はサヴァランの意向に意向に沿おうとしてオルガと。どっちもサヴァランのことを分かりたいと思ってるからこそ起こる衝突なんだよな。

 

 あぁ、あとマクマードとノブリスがイチャイチャしてる画もあったな。おそらく場所はテイワズ。そうすぐには地球にはこれまい。彼らの影響力は急速に薄れつつある。ナゼもマクマードよりオルガを贔屓しがちだし。