読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOD_SPEED_YOU

ゲームの感想など

【ツール2016】1週目の感想(1~9stage)

【ツール2016】記事一覧 - GOD_SPEED_YOU

 

 ツール・ド・フランス2016始まった。

 去年はファンタスティック・フォー、つまり4強と呼ばれていたけども、もはや2強だね。チーム力を考えてもド本命フルームvs未知数のキンタナの戦いになるだろう。

 

 

フルーム(総合リーダー)

 下りアタックは凄まじかった。TTも相当やりそうだ。思ったよりも差がつかなかったけど例年通り早めのマイヨジョーヌ獲得となった。

 順当にいけば勝てるだろう。

 心配なのは体のコンディションはともかく精神面。今年もかなりメディアからの風当たりが強く、新たに始まったマシンドーピングでも狙い撃ちされている。明らかに他選手よりも拘束時間が長く、代わりに休息時間が短い。おそらくこれはフルームが抜け出せば抜け出すほど顕著になるだろう。王者でいることはディスアドバンテージになる。

 

キンタナ(+ 00' 23'')&バルベルデ+ 01' 01''

 キンタナは1週目で大きな動きを見せることはなかった。「待ち」だったのか、そもそも「無理」だったのか、ジャーナリストには何も語らなかったようだ。私の目には誰よりも楽そうに登っているようにみえた。おそらく勝負は10、11とスプリントステージを終えた次の12ステージ、モン・ヴァントゥか。

 昨年3位のバルベルデは、最も存在感の強いアシストになるだろう…と思いきや意外と早く落ちることが多かった印象。そりゃそうか、この人ジロ完走してるもんな(総合3位)。

 

コンタドールDNF

 まさかの初日落車。スプリンターですらついていける登りにも遅れるなど、ありえない遅れ方をしていた。結局は発熱のためリタイアとなった。

 ドーフィネでは初日の山岳TTこそ獲ったものの、山岳ステージでは遅れる場面が目立ち、純粋な力勝負ではもう厳しそう。トレック移籍で決定なのかな。

 エースを失ったティンコフだが、クロイツィゲル(+ 01' 16'')は総合、マイカは山岳賞(現在2位)狙い、サガンはポイント賞狙いと役者は豊富。

 

アルー(+ 01' 23'')&ニーバリ(+ 34' 14''

 今年初めてツールに焦点を合わせてきたアルーとジロを獲ったニーバリ。

 ニーバリは形式上アルーのアシストだけど、わりと好き勝手に動いている印象。ニーバリが逃げた時、総合勢が必死こいて追いかけていたのが面白かった。誰も信じてねぇ。行きたいときにいって、休みたいときに休む。総合ではもう30分以上の遅れのため、さすがにもう他チームも許すだろう。アスタナお得意の前待ちがあるか?

 エースアルーはブエルタ覇者だとは思えない冴えない走り。ジロでのニーバリのように後半化けるかどうか。

 

ポート(+ 02' 10'')&ヴァンガーデレン(+ 01' 01''

 ポート&ヴァンガーデレンのダブルエース体制で挑むBMCは、ステージ前半ヴァンアーヴェルマートにアシストを割いて見事マイヨジョーヌを獲得した。しかしスプリントステージでポートがまさかのパンクでタイムロス。救済措置(ラスト3km)手前だったうえ、アシストがヴァンアーヴェルマートに集中していたために引き上げるのに時間がかかった。

 ポートはツール直前のドーフィネでフルームに唯一ついていけた選手だっただけに、この遅れは残念だった。遅れたといってもフルームから2分、ヴァンガーデレンから1分なので、アシストに回るのはまだ早いか。

 

ピノー(+ 15' 39''

 勝負も始まりも始まり。FDJが集団を牽引してイケイケのようにみえたその直後!まさかの失速。強さをみせる間もなく総合争いから脱落したのであった…。

 今後はマイカとの山岳賞争いか(現在1位)。でもフルームが「狙えるものはすべて狙う」と山岳賞に乗り気だし、それもつまづきそう…。

 

アダム・イェーツ(+ 00' 16'')&ダニエル・マーティン+ 00' 19''

 意外にもが現時点で2位、3位と健闘している。ダニエル・マーティンアンドラでの積極的な動きが印象的。アダムイェーツは新人賞でも1位。フラムルージュ直撃の不運があったものの、その影響を感じさせない力強い走り。

 

新城

 自身二度目の敢闘賞獲得など驚きの活躍。さらにその時に「踏み入れる前に集団に捕まった」「足慣らしになった」と余裕のコメント。ジロで山本Genki一杯くんがヒィヒィ走ってるのを見ていただけに、新城選手のこの余裕ぶりは別格というしか。

 総合で頑張るルイ・メインチェス(+ 00' 55'')を引き上げる動きなど、これから先の勝負どころでちょくちょくTVに映るかも。

 

総評

 フルームの一瞬でライバルを置き去りにするアタックの切れ味&独走力は健在。けど思ったよりもライバルを振り落とせなかった。

 不気味なキンタナ、WエースBMC、アルーの復活(期待)と総合争いはまだまだ面白い。

 近年これほど楽しみを残して1週目を終えたことがあっただろうか?

 

 

1週目終了時の成績

 総合:フルーム

 山岳:ピノー

 ポイント:カヴェンディッシュ

 新人:イェーツ

 

2週目終了時の予想

 総合:キンタナ

 山岳:マイカ

 ポイント:サガン

 新人:ダニエルマーティン(※資格なし

 

 

godspeedyou.hatenablog.com