読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOD_SPEED_YOU

ゲームの感想など

鉄血のオルフェンズ27話「嫉心の渦中で」

鉄血のオルフェンズ

鉄血のオルフェンズの感想

 →記事一覧

 

 ハッシュが主人公です。今回濃かったなぁ。

 

 

対夜明けの地平線団

モンタークとのコネ

地球支部の苦慮 

ハッシュの過去

 

対夜明けの地平線団

 やはり海賊の襲撃を依頼したのはテラ・リベリオニス(確定)のギョージャンだった。ミカヅキの無双によってプライドを傷つけられた海賊は、依頼を無視して自分たちのために戦う覚悟をする。ネーミングや思想家との繋がりから、彼らにも思想的な背景があるのではないかと前回視聴後思っていたがそんなことはなかった。彼らは「倒して、剥いで、奪う」ことをモットーとする生粋の海賊だった。

 ギョージャンはノブリスにも救援を求めていたが、ノブリスは彼を利用価値のない人間になったと切り捨てた。

 

モンターク商会(マクギリス)とのコネ

 鉄華団は海賊に目をつけられた。そこにモンターク商会(マクギリス)から海賊の討伐依頼を受ける。海賊討伐はギャラルホルンとも利害が一致するからだ。それに前回自ら海賊問題をどうにかするとも宣言してた。援助のためにイスルギという海賊の内情に詳しく腕も確かな男を派遣するという。イスルギは公式サイトですでに顔出しされていて正確には石動・カミーチェという。

 また、ちょび髭ことトドおじさんが鉄華団本拠地に。モンターク商会の遣いか別商売かわからないが、いずれにせよ鉄華団に贈り物がある様子。

 

 ギャラルホルンも火星討伐に動いている。ジュリエッタとイオクが火星に派遣されることになったが、彼らはマクギリスともう一人謎の仮面の男に警戒するのだった。ラスタルの話しぶりから察するに彼はイスルギではない。しかも仮面は仮面というより顔に一体化した、いやそもそも顔がない機械のような。まさか、アイン?

 

 オルガは海賊討伐の件を一応マクマードに了承をとっていた。もちろん了承される。それをテイワズ専務取締役JPTトラスト代表ジャスレイ・ドノミコルスが見守っていた。鉄華団への当たりは冷たいが、人柄は良さそう。

 

地球支部の苦慮

 鉄華団・地球支部は苦慮していた。本部からの補給が滞り、アーブラウ正規軍との関係性も悪い。それでもタカキがバランサーとして仲を取り持っていた。タカキと同居している妹も元気だし、それほど過酷な環境ではなさそうだ。

 

ハッシュの過去

 初実戦を経験した新入団員の多くはショックを受けていた。しかしハッシュは颯爽と現れ無双していったミカヅキへの思いをさらに昂ぶらせていた。そして整備長の雪之丞に自分もMSパイロットになりたいと直訴する。そのためにはアラヤシキ手術だって受ける覚悟だという。しかし17歳のハッシュにはナノマシンも定着しないし適合手術は手遅れだと諭される。食い下がるハッシュはたとえリスクがあっても受ける覚悟だと強がるも、命を粗末にする姿勢にアトラがキレる。それに手を出しそうになるハッシュを偶然通りがかったミカヅキが抑えその場は保たれる。

 ハッシュがここまでミカヅキと張り合うのには理由があった。彼はスラム出身で、そこでは親もなく仲間たちと生きていた。その中にビルスという兄貴分がいて、彼に起こった出来事こそがハッシュの怒りの原因だった。彼はハッシュたちを食わせるために稼ぎのいいCGSに行ったのだが、そこでアラヤシキ手術に失敗し、下半身不随になって戻ってきた。後遺症もそうだが、ハッシュたちを世話するどころか世話される存在になったことで、自尊心が大きく傷つけられていた。彼よりも背が低いのに3回もアラヤシキ手術に成功したミカヅキと、手術に失敗して「産廃」扱いの自分を比べて、なお一層落ち込み、そしてある時とうとう首を吊ったのだった。

 ハッシュは自分が憧れたビルスが強い人間だったと証明するために、彼の代わりに第二のビルスとなって、MSに乗るし、アラヤシキだって乗り越えるし、ミカヅキだって超えないといけない。

 その告白を黙って聞いていた巨漢のデインが返したのはただ一言

「がんばれよ。」

 

 

感想

 ハッシュの過去がこんなにも早く明かされるとは思わなかった。やはりMSに乗りそう。ビルスのような人間になりたいと志しているが、彼の生き方を命を投げ出す覚悟と錯誤しているところがある。それに気付かせるのがこれからの鉄華団の活動なのだろう。大体どのシリーズのガンダムも「組織からの圧力と反発」をテーマにしたものが多いが、この作品は逆に「組織を受け入れること」をテーマにしていて、そういった点が独特だし、不思議な感じだ。ライバルであるマクギリスも組織を上手に操ることを考えているし、作品全体に「お利口さん」の雰囲気がある。その背景にはリアリズムの浸透と組織、大きくでればグローバリズムによる国家の威信の低下といったこともあるだろう。昔の人からしたら国家に忠誠誓うなんてあり得ないようなことなんだろうけど、そんなん別に気にしないもんね。好きの反対は嫌いではなく無関心なんだねホント。

 二期かなりいい感じだぞぉ。次回は戦闘もあるようだし楽しみだ。

 

その他気になったこと

 ・ジュリエッタのラスタルへの忠心は本物。なんか関係性が強化人間とその保護者役のオッサンというシリーズ伝統の構図とそっくり。父と娘的な。娘の独り立ちがあるのだろうか。

 ・何回も言及してるけど、武器は鈍器だけなんでMSは大破しない。ほぼ無傷のまま機体を鹵獲できる。これ相当割のいい仕事だろうな。ミカヅキは最強だし、当たり屋みたいな商売のほうがいいんじゃない?

 ・アトラがクーデリアのためにミサンガをつくった。これでミカヅキ・クーデリア・アトラのお揃い。絆を深めたということだろうけど、なんかサラッとしてた。