読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOD_SPEED_YOU

ゲームの感想など

鉄血のオルフェンズ30話「アーブラウ防衛軍発足式典」の感想

30話「アーブラウ防衛軍発足式典」

 

鉄血のオルフェンズの感想

 →記事一覧

 

 サブタイトルのとおり、鉄華団アーブラウ支部の話でした。

 

 

地球支部の現状

 アーブラウの軍事顧問として彼らを指導することが、鉄華団アーブラウ支部の役割だ。少年たちが大人たちを逆教育するので、気まずいところもある。鉄華団の面々の多くは現環境、地球に愛着を持っている。
 鉄華団アーブラウ支部の責任者はチャド・チャダーン。元ヒューマンデブリという過去と彼の人柄の良さから、団員から好かれていて信頼も厚い。
 チャドとは対照的に、ラディーチェ・リロトと団員との間には壁があった。彼はテイワズから派遣された男で、鉄華団の監視を任されている。普段は会計や事務を担当している。
 若い組織ゆえの粗さとテキトーさに度々憤っている。新型MS獅電の輸送を棚上げして海賊討伐に乗り出したことで、本部への不信をさらに高めた。

 

アーブラウ防衛軍発足式典

 今回、正式にアーブラウ防衛軍が発足することになった。
 記念式典には、鉄華団を代表してチャドが出席する。軍が発足するからといって、鉄華団との関係が終わりではないというマカナイの意向があるのだろう。
 控室にて出番を待つマカナイとチャド。そこへ出番を伝える男がやってきた。彼はふとテーブルの上の花瓶を不審がる。そこで何かを察したチャドは、花瓶の目の前にいたマカナイをかばうように押し倒した。その瞬間、爆発が起きた。その爆発は外からでもわかるほどだった。
 チャドの機転で両氏は生き残ったが重傷のようだ。

 

誰の仕業

 この爆破テロの背景にはラディーチェと、ある男の暗躍があった。この2人の間には何らかの取引があったようだ。
 動機について。まずラディーチェだが、彼は鉄華団を心底嫌っていて、動機はそこに尽きそうだ。そこに金銭的な報酬が絡んだことで思わず飛びついたのだろう。「ある男」のほうも、また別の理由で鉄華団を狙ったものだと思われる。
 マクギリスは、防衛軍発足式典を狙ったことから、それに対する政治的反発のようにみえるが、鉄華団を狙ったようにもみえると推察する。事実、防衛軍発足は世界的な動きであり、それに対する反発は今更なところがある。

 

鉄華団の対応

 アーブラウ支部、残された団員は混乱していた。犯人に復讐したいが、組織に迷惑をかけられない。指示を仰ごうにも、本部との通信はラディーチェに独占されている。親組織から派遣されてきた上司のような存在には逆らえない。
 一方の本部は、ラディーチェから「現場で対応する」の一点張りで現地の状況が掴めない。何か引っかかるオルガは、獅電の輸送を早めるよう指示をする。マカナイの無事を確かめたいクーデリアも同行することに。ミカヅキはまだわからない。

 

戦争の予感

 爆破テロはSAUの仕業だという噂が流れた。これが意味するのは、とうとう経済圏同士の戦争が始まるかもしれないということ。ちなみに経済圏は、アーブラウ、SAU、アフリカユニオン、オセアニア連邦の4つ。マカナイはオセアニア連邦とのコネがある。
 ギャラルホルンのマクギリスのもとにも、SAUから正式に調停の要請がきた。

 

ラスタルの動き

 ラスタルは地球をみていた。「あの男の協力を仰いでいる」というラスタル。ジュリエッタもイオクも面識があるよう(名が知れている?)だ。彼は髭面らしい。この「あの男」とはラディーチェと話していた「ある男」に違いない。
 彼の正体は最後に明らかになった。ガラン・モッサ。今回の件のアーブラウ防衛軍の指揮を担当するという。もしSAUとの戦争に突入した場合、鉄華団は彼と共闘することになる。
 ガランとラディーチェ。味方のふりをする大人に翻弄されるタカキの運命は…。

 

感想

 たった1人の反乱で組織が骨抜きに。金と情報を管理する重要なポジションに外部の人間たった1人というのがそもそもの間違い。ガンダムシリーズ特有のガバガバセキュリティだね。テイワズは腐ってもギャングだし、ラディーチェさんの将来が心配です。
 面白かったのは、マカナイとオルガの意識の違い。
「最短を選ぼうとすれば必ずしっぺ返しがくる」とクーデリアに助言するマカナイ。また別の場面で「目の前のモンをひたすら片付けていく」というオルガ。つまり「急がばまわれ」か「巧遅は拙速に如かず」かだが、これは政治家と軍人の違いといえそうだ。

 鉄華団は軍人の考え方をするのに、政治家の舞台に上げられてしまった。

 これまでの流れからすると、アニメ的な思考停止の正面突破ですべて解決していきそう。ただ常にバットエンドがちらつくのも事実で…。

 

 戦闘回が続きそうだなぁ。発掘MSの登場が待ち遠しい。