GOD_SPEED_YOU

ゲームの感想など

鉄血のオルフェンズ37話「クリュセ防衛戦」の感想

第37話「クリュセ防衛戦」

鉄血のオルフェンズの感想

 →記事一覧

 

リミッター解除

 

前回のあらすじ

 ついに目覚めた災厄。大量殺戮に特化したモビルアーマーが向かうのは密集地帯(クリュセ)。鉄華団は人々を守るため。マクギリスは七星勲章のため。ジュリエッタとイオクはマクギリスの妨害のため。ヴィダールは…。

 

ヴィダールとマクギリス

 ようやく出会ったヴィダール(ガエリオ)とマクギリスだったが…。
 機体の特徴から、ラスタル陣営の者だと判断し戦闘態勢に入るマクギリスとイスルギ。不穏な雰囲気のなか、ヴィダールに、早く合流するようにとジュリエッタからの通信が入る。ヴィダールはあふれる思いを飲み込んでそれに従う。去り際に「マクギリスがカルタと同じ機体を使っていることは理解できない」と言い残して。これにマクギリスは即座に察したようだった。そういえば、マクギリスの機体はカルタのだった。カルタの地球外縁軌道統制統合艦隊を引き継いだんだっけ。

 

ガンダムフレームとモビルアーマー

 ライドの救援に入ったミカヅキのバルバトスだが、どうも様子がおかしい。目が青く光って、それに気付いたミカヅキの鼻からは血が。また、不調のバルバトスに代わって気を引こうとハシュマルに近づいたグシオンに乗るアキヒロもギャグ漫画ばりの鼻血をぶっこく。
 他の機体、アラヤシキが大丈夫なところをみると、どうやらガンダムフレームが反応しているようだ。二機体のシステムログから考察するところでは、リミッター解除したい機体とパイロット保護のシステムが衝突しているのが原因のようだった。ちなみにこれを発見したのはザック。初活躍だった。

 解決は簡単で、パイロット保護のシステムを削除すればいいのだが、以前(機械化アインとの交戦で)アラヤシキのオーバーフローを起こして右目右腕を失ったミカヅキである。周りが推奨するはずもなく、ミカヅキたちの身体を気遣って二人抜きでの作戦が再考案されることになった。

 

またまたイオクか!!

 二度あることは三度ある。
 前回、①モビルアーマーを目覚めさせたうえ、②鉄華団の迎撃作戦をぶち壊したイオク様。ジュリエッタに助けられてもまだ感情が収まらない。冷たくあしらうジュリエッタの言葉も届かず、それどころかまた火がつく始末。再度部下の弔いのためといってモビルアーマー討伐へと向かうのだった。
 まさかまたぶち壊し野郎が接近してきているとは知らない鉄華団ご一行は、またも渓谷で迎撃の準備を進めていた。その作戦とは、谷間を駆け抜けるモビルアーマーとプルーマの大軍団の頭上に土砂を振り落とし分断をさせるというもので、山を切り崩すタイミングが問われるものだった。


 モビルアーマーの進む速度を逐一確認し、慎重にその時を待つ鉄華団。さぁまもなく……といったところでイオク様参上。前回まったく無効だったライフル弾を再度モビルアーマーにぶつけ(そうとしかいえない)、モビルアーマーを刺激。反応するモビルアーマー。タイミングを失ってぶち壊しになった作戦。当の本人は一発入れて満足した様子で、プルーマの反撃に無抵抗で命を捨てる覚悟。そこへジュリエッタがバカを拾いに現れ、バカは救われる。
「バカは死んでも治らないから生きろ」とジュリエッタ。
 まだ生き残るのか……。

 

覚醒

 作戦はぶち壊されたが、鉄華団にはまだフラウロスがある。モビルアーマーと同じく採掘場で発見されたガンダムフレームである。カラーリング含む整備が完了し、四代目流星号としてシノの新しい相棒となっていた。その強力な砲撃によって土砂崩れを起こすことに成功し、本体とプルーマの分断に成功した。
 そしてここにまた、孤立したモビルアーマーを狙った三つ巴の戦いが始まった。マクギリスと鉄華団は手を組んでいるが、マクギリスは自分でラストアタックをとる必要がある。
 いつぞやの海賊狩りのときと違って、相手は厄災祭を引き起こしたモビルアーマー。さすがのマクギリスも苦戦を強いられ、絶体絶命のピンチに陥ってしまう。そこへ……ってお決まりのパターンだね、ミカヅキが登場。副作用を懸念する声に、どうせアラヤシキ起動時は動くんだし、オルガが戦場に出るよりかはいいと言って押し切ったのだった。
 モビルアーマーに反応して青く目を光らせるバルバトス。ミカヅキの右目は真っ赤に、血を伴って。バルバトスの目も青から赤へ。一体化がさらに進む。

 

感想

 対モビルアーマーとして用意されたのだから、アンチモビルアーマーシステムが搭載されているのは当然のことか。単純に機動が良くなるとかそんなんかな。
 最強のモビルアーマーを相手にいろいろと試行錯誤を重ねてる感じが好きです。モビルワーカーがね、今の今まで有効活用されているのにも感動。裏方も頑張ってる。そういえばザックがようやく頭角を現したね。学校に通ってたというし、実はエリート?

 フラウロスの砲撃の威力はマクギリスも驚くほどだった。手を取り合っているとはいえ、あくまで互いにビジネスなので、すきあらば相手を出し抜こうと考えているのが面白いですね。
 しかし今回もイオク様がね……。まさか作中一番のネタキャラになるとは。仮にもセブンスターズの一角だぞ! 同じくネタっぽかったカルタの死に様が壮絶だったように、イオクの最後も大変なことになりそう。