GOD_SPEED_YOU

ゲームの感想など

鉄血のオルフェンズ47話「生け贄」の感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第47話「生け贄」

鉄血のオルフェンズの感想

 →記事一覧

 

撤退戦?

 ギャラルホルン火星支部に協力を断られて、孤立無援のマクギリスと鉄華団鉄華団は火星に降り立つことこそできたものの、補給もかぎられ圧倒的に劣勢状況。オルガもいよいよマクギリスに対し不信感を露わにする。当のマクギリスはそのような態度をみせられても依然飄々としている。謎の自信。

 

本当の敵

 そんな状況なので団員たちはバエルとともにマクギリスを突き出すことを本気で考えるようになる。しかし報道では、マクギリスと同様に鉄華団も大々的に世界の敵扱いを受けていて、そう簡単に寝返ることは難しい。オルガは縁を切ったテイワズの代表マクマード経由でラスタルに接触をはかる。しかしラスタル鉄華団の寝返りを受け入れない。というのも一連の件で評判を落としたギャラルホルンはその決着として落とし前…生け贄を必要としていて、それはマクギリスだけでなく鉄華団という武装集団を屠ることで達せられるというのだ。退路がない。

 

士気

 オルガは団員を集め離脱は自由だと団員に促すも、皆口々に「諦めない」と木霊し結束がさらに高まる、ただ一人を除いて。それは、ただ一人教育を受け、帰る場所もあるザックだった。ザックは終わりが明らかなのに組織にしがみつく彼らを、考える頭を持たないようにみえると軽蔑する。そのあとデインとのやり取りで、彼らには他に居場所がないことを知る。

 

育成計画

 若い団員たちが盛り上がるなか、それを優しく見守るオッサンの雪之丞さん。それをみてメリビットが、
「子供が好きなんですね」これはフラグですね。
 ちなみにアトラとミカヅキはもう仕込みを開始しているよう。クーデリアは失恋といえるのか? アトラは少し落ちこんでいるようにみえるクーデリアにも子作り提案。だがクーデリアはアトラの子供を守ることを決意、つまりアトラとミカヅキの仲を認め引き下がることにした。なんかミカヅキ死ぬことが前提みたいで怖いな。

 

地球へ

 なんとかして生きる道はないものか。鉄華団と関係のない別人になれないか。そこで、団員たちのIDは、アーブラウ統治下の火星にあるのだから、アーブラウ代表マカナイとのコネを生かしてID改ざん=鉄華団と縁のない別人になれるのではないかという案が出される。その場合、鉄華団は解散することなるが、これ以外に生き残る道はなさそうだった。早速クーデリアがマカナイと連絡をとろうとするが、ギャラルホルンによって外部との通信はすでに遮断されていた。地球まで、まずは包囲網を突破しなければならない。

 

感想

 火星に来たと思ったらまた地球にいくのか…。仮に今の包囲網を突破したとしても地球=ギャラルホルン本拠だから、そう簡単に着陸できないだろう。まあ、そこらへんは…今更…ねぇ……。希望があるのはいいことだ。

 バッドエンド一色と考えていたけど、ワンチャンあるかもしれない。というか、クーデリアの存在を忘れていた。クーデリアはノブリスからの融資を打ち切られたが、これも一面的にみれば鉄華団はますます孤立化していくともいえるし、また別の見方をすると権力者から距離を置けたとも考えられる。革命云々といってここまできたのだから、最後はぜひともうまくいってほしいね。

 

ラスタルはオルガの要請を断ったけども、その直前に彼らを利用するみたいなことをいっていた。二転三転としそうだな。

 

・集会にて、離脱は自由だと。何回目のやり取りだ。これはこれで洗脳っぽい。