GOD_SPEED_YOU

ゲームの感想など

ひぐらしのなく頃に卒~鬼明し編~の感想と考察

ひぐらしのなく頃に カテゴリーの記事一覧 - GOD_SPEED_YOU


godspeedyou.hatenablog.com

 

鬼明し編壱~参の感想・考察記事です。

 

 

解答編スタート

 業から1クール空けて解答編の卒がスタートしました。最初は鬼明し編。タイトル的にも内容的にも鬼騙し編の解答編でしょう。

 

鬼明し編の流れ

 レナが犯人ということで罪滅ぼし編に近いなあと思っていた当時の自分の感覚は正しかったです。鬼明し編をざっくり説明すると、①鬼騙し編の裏で罪滅し編が進行していたよ、②沙都子が暗躍していたよ、③梨花は諦めて自害という内容でした。

 

①罪滅ぼし編が進行していたよ

 レナ視点の罪滅ぼし編まんまでしたね。違う点としては、間宮リナが鉄平のように若干白くなっていたことです。レナの父親をカモにしていたのは変わりませんが、レナの境遇に同情し、「そろそろ身を引こうかな」とこぼしていました。ただ鉄平のように弁解の機会を設けられず歩み寄りも一切ないまま殺されてしまったのはかわいそうでした。→

 

②沙都子が暗躍していたよ

 →というのも、レナは沙都子にH173を投与され自制がまったく効かない状態になっていたからです。梨花ちゃんの助言とフラッシュバックによって圭一は疑心暗鬼を克服できましたが、レナのほうは気付かれないどころか、強制発症までさせられて、梨花ちゃんとしては気付いたときには敗北状態でした。

 

梨花は諦めて自害

 疑心暗鬼を克服した圭一を見届けてルンルンとした気分で帰宅した梨花ちゃんでしたが、翌日惨劇が起こったことに絶望し、そうそうに退場。梨花を屈服させるのが目的の沙都子はよしよしと後追い自害。次のループへ。

 

気になった点

・意識不明の圭一を発見した人物

 「あんなに血を撒き散らして生き残っているのはおかしい。圭一の幻覚では、、、」という推理をしていましたが、梨花の自害シーンでも非現実的な血の飛び方をしていたことを考えると、そういう演出と考えるべきですね。にしても、よく意識不明のまま見つけてもらったなーと思います。演出もあったとはいえ、意識不明というと一晩もたないレベルなはずです。わりとすぐに救急が必要なはずですが……。すぐに通報できた人なんているかー?

 

梨花が先に死なないと沙都子はループできない、という説明

 解決編1発目ということで、メタ的に状況説明するくだりがあっても不思議ではないです。にしても不自然では。いずれ梨花より先に殺されてしまって、別の世界にいっちゃう、それに気付いた梨花が救いに行く、だから宝探し、、、というところまで視えたのですが、、、これはオーバーかな。

 

感想

 一言でいうと「だろうね」って感じでしたー。トリックはすでに明かされていましたし、登場人物も少なかったので、言ってしまえば「わかりやすい」回でした。まあ、フリかな。無抵抗だと沙都子にいいようにやられちゃうよーというね。

 

 業含めて今作はキャラの表情豊かでいいね。梨花ちゃんなんかもシリーズ完全初見で旧アニメをみたときは、途中まで人形顔のただ不気味な存在ってだけだったけど、今作の梨花ちゃんはめちゃくちゃ人間味がある。猫かぶりスタイルから演舞の真剣な表情、仲間を眺める優しい顔、そして絶望の顔……。

 

 梨花ちゃんは良くも悪くも割り切りがすごい。

駄目だった→よし自殺!

沙都子的にはこれから何度も殺されまくるor自殺しまくる梨花を見るわけで、いくら憎らしい相手とはいえ気の毒になってきそう。

 

作品のテーマ

 「ひぐらし」も「うみねこ」もミステリー部分はパズル的なところがあり、筋は通るけども大分アレだな!という作品かと思います。本作においてもパズルのピースは業であらかた提示されていて、あとはそれを適当な場面に当てはめていくというだけのことで、ミステリー的には消化試合かもしれません。

 

 このシリーズが魅力的なのは、ミステリーだけの作品ではないところです。原作では団結や信頼の大切さが少年漫画以上に強く深く描かれていました。卒からはミステリー部分と並行して、この作品が訴えたいものが何なのかを探っていく、という見方をしていきたいです。

 

 テーマはなにかと探るうえで、やはりタイトルの「業」「卒」がポイントでしょう。原作から数年後が舞台で雛見沢から出ていくという設定から考えても、「卒業」がテーマのひとつであることに間違いなく、問題はどのように別れを迎えるかというところにあると思います。沙都子の雛見沢気分が抜けないところもアレですが、梨花のあまりにも薄情なところもアレですよね。これだけ対立すると折衷案に辿り着くというより、対立の先により次元の高い新たな答えを見つけるしかなさそう。

 

 綿明し編の展望

 鬼明し編にならうと綿流し編の裏で目明し編が同時進行していると考えるのが自然でしょう。最初目明し編の主人公である詩音視点でスタート→サトシ云々したあとに、フラッシュバックと人形のくだりとかで正気に戻る→注射された魅音梨花を殺す→梨花を監視していた山狗に目をつけられて疑心暗鬼→大暴れって感じかなー。

 

 

 しばらく沙都子無双が続きそう。