読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOD_SPEED_YOU

ゲームの感想など

出だし好調の楽天イーグルス

 一巡して調子がいいので書こうかと。(ライオンズとは1試合のみ)

 

 10勝2敗、首位だ。最高のスタートなのは間違いないが、ノリにのっている感じはない。パリーグペナントレースはホークスとファイターズの2強、それに遅れてマリーンズ、あとはどっこいどっこい…というのが鉄板予想だった。ところが蓋を開けてみるとそれらAクラス予想のチームがそろってBクラスに転落という逆転現象が起こっている。もちろんこれはシーズン序盤も序盤なので誰もこのままいくと思っていない。Bクラス予想のチームが強いというよりも、Aクラス予想のチームの調子が悪いからだという人もいる。確かに調子の悪い相手に助けられているところもある。しかし中身が良い試合があるのも事実で、そこに注目してここまでの戦いぶりを振り返ってみたい。

 

 

中継ぎで勝っている

 今年のイーグルスは中継ぎで勝っている。勝ちパターンの投手がほぼ無失点、つまり先発が降板した後はもう点を取られる心配はないのだ。7回森原8回ハーマン9回松井、便利屋福山、それに次ぐ便利屋菅原、左のワンポイント高梨。いやホントありえないくらい上手にはまった。シーズン前にも書いたけど(記事)、ルーキー投手たちがいい感じ。特に森原。速くても150届くかどうかくらいの速球、スライダー、フォーク。持ち球だけみれば極めてオーソドックスな投手。けれどなぜか打たれない。微妙にタイミングを狂わせるフォームだとか、球持ちがいいとか言われているが素人の自分にはわからない。ただ投球の7割以上を占めるストレートの被打率が1割台、さらにコントロールがよくここまで四球0、そこから算出されるWHIPも0.33(3イニングに1人しか走者を出さない!)というスタッツを提示すればどれだけすごいか理解いただけると思う。

 

 素晴らしい。信頼できる中継ぎ陣がいることで先発の見切りが早くなっている。ただ伊達に3年連続Bクラスチームのファンをやってない。どうみても出来過ぎ。いずれ揺り戻しがあるだろうと思う。そもそもまだ一巡目。データの少ない初見のピッチャーは打ちづらくて当然だろう。登板回数も多いし今の時点でも疲労が気にかかる。疲労と研究が積み重なってくる終盤に本当の真価が問われることになるだろう。

 

 

先発崩壊

 中継ぎ投げすぎなんだよな。それもこれも先発がイニング食えないから。まあこれは贅沢な悩みかな。去年までは、ってか球団史上ずっと中継ぎが盤石だったことがないから、先発は息切れするまで投げさせるのが当然だった。どんなに疲弊しても、中継ぎに任せるよりマシという風にね。だからか、今年の先発陣たちは降板してもみんな飄々としているというか、溌剌としている様子で、それがとても新鮮で、同時にもったいないような気持ちになる。性根からBクラスだからね。いやはや話が脱線したけども、先発が余力残して降板するのは良いにしても、もう少し頑張ってほしいという話をしたかった。イニングイーターとして期待している則本は安定感に欠け、美馬は調子良い時でも不用意な1球に泣くことが多い。そんなだから、岸はホントありがたい。エース則本が崩れたとき、これまでは毎週楽しみにしている番組を見逃してしまうかのような喪失感があった。岸がいることで、再放送があるような、「それでも!感」がありとても心強い。成績とかじゃなくてファン心理的に心強い!! 事実ここまで6回1失点、6回3失点と、決して完璧な成績とは言い難いけども、試合「は」つくっている。

 

 

外国人234

 開幕戦で一番驚いたのはセカンド銀次、そして234番が外国人という打線組みだった。そもそも外国人3人を打線に組み入れること自体滅多にないことだが、それを345ではなくて、234に置くというのが革新的だった。メジャーで一般的な2番打者最強説を取り入れたわけではなく、ただ2番につなぐ打者を置くというやり方がオープン戦でうまくいかず、それならばと開き直って削ったというのが真相のようだ。とりわけ1番茂木2番ペゲーロという並びが大ブレークし、この2人でチーム得点の3分の1に絡んでいる。実は34番がそろって1割台と大ブレーキなのだが、チーム得点数は12球団2位となっていて、いかに周りが打っているかがよくわかる。そう、誰が特に打っているとかではなくて、全体的に打線が好調なのだ。ここにきて問題の34番に復調の兆しがあり、また一段と打線に厚みが増しそうなのが楽しみ。

 

 

総評

 良い。良すぎて怖い。最大の懸念は中継ぎ陣の疲労。今の時点でも連投が多く、みな死にそうな顔をして投げている。こんなんでシーズン持つんかな? やはり先発がしっかりしなければ。先発次第。2013年に優勝したときも、打線が良くて先発が大量失点さえしなければ打ち勝てるという感じだった。しかしここから先発が大化けすることはないだろうし、今のように勝ちパターンが出せるだけでもマシなのかもしれない。

 去年はファイターズが最大11.5ゲーム差を逆転して優勝した。首位には慣れないイーグルス、順調にはいきそうにない。ただどんな結末になろうとも楽しいシーズンになることは間違いない。

 

 楽天イーグルスの本拠地主催試合はネットで公式無料放送*1がありますので、どうか皆さんもご覧になってください(*´▽`*)

 

 

 

*1:楽天SHOW TIME、ニコ生、At Eagles